2017年10月15日

第45回定期交流会のお知らせ

晴れ第45回定期交流会のお知らせ


平成29年12月2日(土)

13:00−16:00 茶話会


詳細は、ホームページにて確認ください。


[第44回定期交流会参加者の感想]

・ストレスが体に悪い影響を与えるのが、凄く良く分かった。久しぶりに参加してみて、とても参考になり、楽しかった。

・ストレスについての講義、なかなか一度では理解出来ない部分もあると思うが、皆さんの感想を聞いたり話し合いをしたり、ストレスの発散方法を出し合ったり、とても有意義な時間だった。また、新しい出会いもあり、同病の同じ年代の子を持つ親として仲間が増え心強く感じた。

・身体は細胞からできている。当たり前の事だけど意識していなかった。細胞をパワーアップさせるには色々な栄養素を上手く取り水分•ミネラルなどまんべんなく摂取する。これを聞きながら、食の大切さを改めて考えさせられた。気持ちの切り替え方法では、ストレス解消の為の手段がたくさんあると気持ちの切り替えが上手くなるとの事。息子は辛い時はリラクゼーション系、元気が出てきたらアニメソングを聞き元気をチャージャーしている。私はアロマで癒やされている。

・感覚的には誰もが経験しているストレスと体調との関係について、細胞レベルでの解説を聞きあらためて人体の仕組みの精緻さ、巧妙さに驚かされた。「バランスを保つ」ことの重要性を実感した。

・世間によく言われている、バランスの良い食事・水分補給・睡眠・適度の運動など、この当たり前が健康体であるための基本。この基本をよそに無視して病気の快復はないと思う。この基本となることが出来ずにして「治す」ことは出来ないと言って過言ではないと思う。科学は発展し発見もこれからもあるだろうから、一概に一般的に言われていることが決して正解とは言えないこともあると思う。しかし、仕組みやシステムを知らず「治す」ことは長旅に出るように遠く長い道のりだと思う。近道を選択するには、それなりに自身と向き合い、現実を知ることが不可欠だと思う。年月を経ても、今回のような講義はとてもためになり、より確信が深まる。
posted by 会員 at 15:55| Comment(0) | 日記