2016年01月03日

第5回家族交流会 と 第36回定期交流会 のお知らせ

ひらめき第5回家族交流会について

平成28年2月11日(祝)午前

ひらめき第35回定期交流会について

平成28年2月11日(祝)午後

位置情報会員の皆さまには、年始にお知らせしております。

〈当会員以外の方のご参加について〉
当会HPにて確認ください。


【第35回定期交流会 参加者の感想】
・何故OS-1(経口補水液)や塩分を摂取するのかを、細胞の話をとおして、基本を学べたのが良かった。脱水になると、神経にも影響することを初めて知った。また、当事者の方のBP(ブラッドパッチ療法)から回復した具体的な話も聞け、子どもにも伝えたいと思う。
・栄養学的な話の企画に参加したい。体調の変化に合わせて味覚がかわるので、日々のメニューの参考に利用したい。
・初めて参加した。とても参考になることばかりで有難い。インターネットで調べて色々やっていましたが、間違っていたことも沢山あり、本当に良かったと思う。当事者の方の話も親御さんの話も聞け、とても良かった。これから栄養学を学んで行こうと思う。
・ストレスと身体の関係について学べ、なるほど!と思うことばかりでした。自律神経以外に体温と深く関係していると知り、なるほど!と思った。体調が悪化している時は、やはり、寒い!とよく言っている。今後に活かしたい。
・細胞が細胞外液で包まれていることを初めて知った。水分が大切ということは知っていたが、改めて人間の身体の不思議さを知った。娘が自動車学校に入校して、天気さえ良ければ大丈夫と思っていたが、経験した人から色々助言してもらった。外から見たら普通の子ども。無理できないと教えてもらった。今日は来て良かった。交流会での生のアドバイスが有難い。
・3年前の話を再度聞けて、改めて視床下部や下垂体の重要性が分かった。
・今日の交流会では、病気を持つ子どものお母さんの気持ちを聞いたり、対応方法などを聞かれたことで、客観的に自身の母親が以前感じていたことをよく理解できたように思う。母親や家族が日頃感じていることを大学での勉強で生かしていきたい。
・どうしても日々の子どもの体調のことに関心が行ってしまいがちですが、「ストレスと身体の関係」の講義映像を見たことで、いかに我々の身体が微妙なバランスで保たれているのか勉強になった。子どもも家族も病気によってストレスが溜まるが、何とかそれを和らげて生活していきたいと思う。
・引き続き会の企画で、中学2年生の息子の今後の進学等について不安がある。アドバイスをお願いしたい。
・内々でしか話せない病気を隠して病院にかかるというのは知恵なんですが、本当に大変で悲しい病気だと実感している。関係する福祉的な話も聞きたい。この先どのように治療していけば良いのか、またどのような生き方があるのか、子どもの将来が心配なので、助言や体験談も聞きたい。
・予定していた管理栄養士の講演は延期したけど、いつもためになるので楽しみにしてます。以前学んだ人間の基本的な仕組みを改めて学んだ。日頃の自身の日常生活(食生活やストレス)の見直す機会になった。
posted by 会員 at 17:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。